So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

くーねるまるた [オススメなマンガ]

09187673.jpg

前回のあらすじ
(n‘∀‘)「ワカコ酒うんこしっこフェミカーッ(゚Д゚≡゚д゚)、ペッ」
いやしかしさ、おめーの好きなあの『くーねるまるた』も「料理(゚д゚)ウマー」しか言わねぇぞ?

ということで、今回は前回伏字だったマンガ、くーねるまるたをご紹介
小学館。
全14巻で、続編の「ぬーぼ」が連載中だそうだ。


(n‘∀‘)「ありゃ自分で作ってるから良いんだよ!あと主人公かわいすぎ!かわいさジャスティス。アレをアニメ化・ドラマ化しろと」
(ドラマだとキャスティング難航しそうだな)

と前回はこう続いたんですが…
主人公はポルトガルから日本に留学生で来て、そのまま居ついたマルタさん(本名マリア・マルタ・クウネル・グロソ)。
日本の文学に造詣が深く、日本の生活に居心地の良さを感じて居ついたものの…

待っていたのは食うに(ギリギリ)困らない程の困窮生活。

日本の貧乏食材(ザリガニを近くの池で釣ったりする)と、故郷ポルトガルの料理をミックスした貧乏飯を食しながら大好きな日本文学に思いを馳せる…そんな…いや、紹介するにゃー情報量スゲー多いな;

(n‘∀‘)「…こんな漫画だったっけ?」
…ええと、前半は少なくともそうだよな…
中盤以降、同じボロアパートに済む若い女医さんが、高級食材を差し入れるようになって、貧乏飯から随分脱却・・・・・そこが賛否分かれるポイントだったりする。

実はワカコ酒以前に、リアルでの結婚・出産で購読を止めようかと検討したマンガなんだが、(n‘∀‘)が強硬に反対。
結局購読し続けることが出来た。

(n‘∀‘)「堅苦しいンゴ。マイク寄越せ」
Oh…
(n‘∀‘)「主人公のマルタさんがくっそカワイインゴ!!!!これに尽きる」
食いしん坊+髪型と相まって、Fateのセイバーさんを意識したんじゃないかと初期は言われてたらしいぜよ?
(n‘∀‘)「んな特定ニッチ趣味人放置するンゴ」
アイアイサー!/)`;ω;´)

(n‘∀‘)「あんなカワイイ人が、日々の食事に事欠いて悪戦苦闘したり、嬉しさのあまり踊る姿が本当にほほえましい」
さいですね。食材調達の過程も詳細ですわ

(n‘∀‘)「そしてあの可愛さにも関わらず、色恋沙汰に全く触れないッ!。これは稀有な作品ンゴ」
いやー白人様は黄色いサルなんて相手にしたくない、こうでしょ?
(n‘∀‘)「そもそも安直な恋愛展開や談義とか、害悪でしかないンゴ」
食や文学吟味を主軸に置いていると考えれば、確かに不純物要素かなぁ
(n‘∀‘)「ボロアパートの住人の女たちがゾロゾロ出てきても、安直に女子会()的な恋愛談義にならんところが本当に良い…」
そういえば色っぽい話がや「男が~」「彼氏が~」的な話、ほとんどなかったな…

(n‘∀‘)「で、食に関しては…実は食に関する話が無い話もあるンゴ」

(゚Д゚)ハァ?
いやそれないだろwww
(n‘∀‘)「をら読め」


・・・・・
あ、ほんとうだ・・・・・


(n‘∀‘)「そういうところもポイント高いンゴ。『結局食事』とは違う形を出してて、意外性あって好きンゴ」
ハニー的に欠点は?
特にアパートの住人。

(n‘∀‘)「ぽむちゃんが言ってる女医は…悪い人ではないンゴ。ただ、現実に居たら絡みたくない。」
良く差し入れという点では由利絵さんがいる。
こっちはヲレ好みだぜ。
差し入れ品も地味で許容。
そして女医とあまり仲良くない。

(n‘∀‘)「ああ、ぽむちゃんメガネっ娘好きよね…」
あ、いや一番人間臭いかなと。

(n‘∀‘)「…勃起した?」
・・・・いいえ。

(n‘∀‘)「あとは9巻の表紙↑」
はい、記事トップの奴ね
(n‘∀‘)「お色気路線にシフトしたのかと、正直(#・∀・)ムカッ!!っとしたわ」


・・・っつかさー。
このマルタの困窮っぷり
アパート住人居なかったら、
体売ってそうでねぇか?


(n‘∀‘)「ああ・・・確かに・・・・」
『故郷のポルトガル・リスボンの下町ではこうやって男性を…』的な感じで

(n‘∀‘)「あああ・・・ありそうだし、見てみたいけど・・・ヤメロ穢れる
あ、はい・・・
でもしかし、ちょっとネタバレだけど、マルタの家族が異国の地で娘がこんな生活していたら家族が心配するのは道理かなと。
(n‘∀‘)「マルタ姉、美人やったな」
ちなみに新シリーズでの原点回帰を狙ってるのか、再び貧乏暮らしが約束されてるっぽい。
そこは純粋に楽しみ。
マルタの可愛さを保険に、料理に日本文学、町の旅情を味わってくらいはいww


(n‘∀‘)「ちなみにぽむちゃん的にオススメの料理マンガって?」


・・・・・訊いたなヴォケナス?・・・・次回はそれな

(n‘∀‘)「(やヴぇー訊かなければ良かった)」


nice!(2)  コメント(2) 

ワカコ酒 [オススメなマンガ]

51iONMMBZbL._SL500_AA300_.jpg
wakako_pop_1.jpg
徳間書店
18年7月現在10巻まで出てて、来月11巻が出る。
(n‘∀‘)「(・д・)ジーッ(・・・ぺらぺら)」
のんべぇ女子ワカコが酒と肴を求めて、ほとんど一人で居酒屋を渡り歩き、酒と肴の良さを「ぷしゅー」という嘆息とともに堪能するマンガ。
ヲレも酒を飲むが、これ読んでるといつもは口にしない肴・酒に興味が湧いてくる。そして喜怒哀楽の怒と哀抜かして、落ちついて読める。そんなまったり系マンガ。

ドラマ化・アニメ化してい・・・
(n‘∀‘)「以後、この漫画の続編を買うことを禁ずる」

お、おう?
why?
マイハニー…

(n‘∀‘)「この主人公・ワカコがすげぇムカつく。」
その心は?
(n‘∀‘)「コイツは基本『ぷしゅー(゚д゚)ウマー』としか言わん。これが第一点」
はぁ
(n‘∀‘)「食は当たりも外れもある。感想も毒吐くことがある。それが全くナッシン。うまいモノ食って出演者が『まいうー』言ってる料理紹介番組状態」
アイスホッケー随分前に終わって、それしか能ねぇんだよ…

(n‘∀‘)「で、一応『ああ、不味いんだな』って酒や食事に出会う回もあったけど、そこではいつものクドイ解説が消えて感想無し。都合の悪いことは黙秘。この姿勢が決定的に嫌い。金払ってんだから吐けよ毒。悪者になりたくないからってカマトトぶってんじゃねぇよ」
(うわぁすげぇ毒吐いてる)
いやしかしさ、おめーの好きなあの『O-OOOOO』も「料理(゚д゚)ウマー」しか言わねぇぞ?
(n‘∀‘)「ありゃ自分で作ってるから良いんだよ!あと主人公かわいすぎ!かわいさジャスティス。アレをアニメ化・ドラマ化しろと」
(ドラマだとキャスティング難航しそうだな)
そのO-OOOOOは次回紹介するとして。
他に理由は?

(n‘∀‘)「ドラマ版クッソ気持ち悪い!飲食店勤務経験者的に!」
ああああ・・・・ドラマ版ね・・・「ぷしゅー」をひらがなで発音ね
食い終わったら出入り口で店内にお辞儀ねヲレが店主なら出禁にするねアレ
(n‘∀‘)「必要なことはぽむちゃんが全て言ってくれた。割愛」


(n‘∀‘)「あと作者がすげーフェミ臭い(※嫁はフェミ女とネズミ‐が大嫌いです。なんでも同調圧力が酷いとか何とか…)」
そう?
(n‘∀‘)「アニメ版の方が原作を忠実に再現してるのに、作者本人アニメにはほとんど触れずにドラマばかりゴリ押し。コレはアニメやオタク文化を明らかに下に見るフェミ病。そのオタクカルチャーに食わせてもらってる自覚無し。そのうちワイドショーに出たがるタイプだわコレ。」
ああ、そう・・・そう・・・ね・・・
(n‘∀‘)「第一話なんか自分に向かって『かわいいな』なんて言わせちゃうキモさ」
・・・えー、未読の人に解説しますと、主人公ワカコは作者本人の自画像をほぼそのまま出してるんだそうです。
(n‘∀‘)「ほっかにもねー…」
あ。いや、ね、「嫌なら見るな」ってどっかのブーツが言ってましたyo?
(n‘∀‘)「あの糞作者に家計の一部を上納してる事実がムカつくんじゃ察しろ( ゚Д゚)ヴォケ!!」

そこまで言うかよ…
わかった10巻まで購読してたが以後は立ち読もう


嫁が吠えてるのでそれとは別に良さも伝えさせてください
ドラマはクソですが、そこから派生した周囲の人間の描写が良い感じです。
特に上司のオッサン回。

(n‘∀‘)「ヽ(゚皿゚)ヽ ガオー!!」

あと、やっぱり自分の試したこと無い食材や酒の情報収集には良いんじゃないかと。
そして居酒屋の雰囲気がかなり伝わってくるのは良い感じ。
緻密な取材が生きてるんだなと。

(n‘∀‘)「ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!」

難点は上記の通り「ぷしゅーまいうー」言ってるだけなので、既視感がひどい…というか、印象に残らない事。
実際、単行本で同じ話を二度収録したミスがマジでありましたが、次巻で謝罪されるまでは
全く気づきませんでした

裏を返せば繰り返し読める、就寝前に読むにはオススメなマンガとも言えます。


(n‘∀‘)「ゼィゼィ・・・・そういや、このクソ作者、調子こいて他に連載もってるらしいな・・・」
『タカコさん』のことかな?
二巻まで読んだことありますで

(n‘∀‘)「どおだった?」

やっべぇすっげつまんねええええええええ!

(n‘∀‘)「安心したよカーッ(゚Д゚≡゚д゚)、ペッ」
nice!(1)  コメント(2) 

バトルロワイアル [オススメなマンガ]

b_0134253146686pl.jpg

秋田書店製
全15巻
同名小説のコミカライズ。
ヲレが大好き「バロンゴング バトル」の作者・田口雅之の作品。
バロンで遺憾なく発揮された流血バトル表現の技術が磨かれて、残虐シーン表現に生かされている
BRファンの間では
小説版>コミック版>映画版
で評価は安定しているらしい。
映画以上に残虐・不道徳シーンを逃げずに描写している点が高評価の理由。
いや、ぽ村はコミックしか知らないがw
欠点は後半部分の延命措置にしか見えない「思い出話」連投。クラス内の人間関係を深く掘り下げてるが、かなりテンポが悪くなった。
あと、作者の田口が子供描くのがスゴイ苦手なこと。
あの中3クラスの連中にバロンゴングが入っても違和感無いw
残虐シーンばかりがクローズアップされた作品だけど、極限状況下での人間の行動や、結束。刹那刹那での心理戦に真髄がある…と思う。
オカマ(風俗店勤務経験あり)がもっと活躍してほしかった
by ぽ村

バトル・ロワイアルは全部読んだ(観た)俺が来たよ。
後半部分のテンポの悪さは小説版も同じ。
舞台の「大東亜共和国」の説明やらなにやらがやたら入っている分、小説版の方がたるいかも。
そこん所をバッサリ切ったコミック版・映画版は俺評価高し。
映画版はバッサリ切り過ぎて分けわかめなシーンがあるけどねw
by 又
ココから(n‘∀‘)の感想

(n‘∀‘)「くっそ面白かったンゴ。一日で読破してしまった」
まじかよスゲー
(n‘∀‘)「少ない字、えぐい描写、勢いある展開。気が付いたら最後まで読んでた」
(・・・今度刃牙読ませてみよう・・・)
(n‘∀‘)「最初の先生のキモさがやばい。」
ほうほう
(n‘∀‘)「極限で狂った生徒たちやばい」
狂いすぎだよな
(n‘∀‘)「疑心暗鬼でお互いやりあう仲良し女子生徒達が(;^ω^)うわ、、、、しかもそのオチが秀逸」
心に残りますねー・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
(n‘∀‘)「あとみんな絶対15歳じゃない」
ヲレもそう思います。気が合うな結婚しよう
(n‘∀‘)「いやもうそのネタいいから。でもこういうゲーム、ネット対応で出ないかなぁ?」
(チコチコ)なんかyoutubeに似たゲームのプレイ動画ありまっせ?
(n‘∀‘)「どらどら?」
(視聴中)
(n‘∀‘)「。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!じ、自称日本人グループ(日本語会話が全くできない)にwwww北の将軍様(先代のことです)の名前言ったらwww有無を言わさずハチの巣wwwwナニコレくっそ面白いwww」
をを、では遊ぶの?
(n‘∀‘)「やらない( ー`дー´)キリッ。酔うし」
ああ、そうね・・・
ヲレはBRのルールそのままなら、一日潰して遊んでみたいなとか思った
やらんけど。
(n‘∀‘)「DAYONE」

愛と時間と金と酔わないゲームをくれ。
nice!(2)  コメント(3) 

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! [オススメなマンガ]

51u+bTNVzNL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

(n‘∀‘)「超好きンゴ。愛してるンゴ」
ハイそこ、詳細前に出張らない

スクエニ出版製。
2018年6月現在12巻刊行。
13巻が来月出る。

(n‘∀‘)「糞面白いンゴ」
さいですね。
糞はつかないけどヲレは面白いです。
5つ星だと評価だと4つ星
(n‘∀‘)「ワイは6つ星ンゴ」
超弩級評価ワロタwwww

JKになったら性が乱れてMMK(古いなをい)で、ぼっち人生も好転すると信じるJK、もこっち(本名黒木智子)の、フルスイング空振り高校生活の話。
※救い無し


(n‘∀‘)「ワイもぼっちだったからな。よくわかるンゴ。もこっちはその上を行くぼっちンゴ。そして作者は上級ぼっち認定ンゴwwww」
アニメ見たよなお前。
(n‘∀‘)「パンツ回以外クソ。肥溜め。カーッ(゚Д゚≡゚д゚)、ペッ
脳内もこっちはあんなに声かわいくない。ワイがもこっちの声優やったる。迫真の演技ができるで(←真顔)」
(* ̄- ̄)ふ~ん(はるか昔、アニメ版キン肉マンのキン肉マン声を聞いた時、全く同じ事を思ったな…)

(n‘∀‘)「でも作者、20巻まで続かんって言ってたンゴ。それが限りなく寂しい・・・大学生編もやってほしいンゴ。」
なんか他の連載もやってr・・・

(n‘∀‘)「あんな産業廃棄物、さっさと打ち切ってほしいンゴおおおおお!!!鼻血が出るほどつまらんんんんんんん!!」


ひでぇけど、ナンバーガールはマジでツマランかったな

(n‘∀‘)「とにかく、ぼっちネタは保育園~死後まで豊富なはずンゴ。どうにか続いてほしいンゴ」
ほほう・・・なら、大学と言わずに、浪人生・・・つまりは予備校生ぼっちというのはどうでしょう?ゴニョゴニョ…(ノ゚д゚(; ̄Д ̄)

(n‘∀‘)「それンゴおおおおおお!!!!!!売れる!きっと!ぽむちゃん原作者代われwww」
いや、売れんよきっと。。。
(n‘∀‘)「そのセンス・・・ぽむちゃんもぼっちだったんでしょ?」
いや、今も付き合いがあるOOOとXXXと住人の一人の000とか、友人はそれなりに居たが・・・
(n‘∀‘)「ああ、あの全身是童貞な・・・」
黙れこの(ry

内容は・・・
高校一年生編はかなり飛ばして、二年生編は引き延ばし工作なのか中だるみ、新刊(12巻)近くの三年生編はキャラが立ってきて再評価されちょる。
三年生編は確かに面白い。
(n‘∀‘)「三年生編、バランス取れてきたな。」
んも。
「つまんなくなってきたな(9巻~11巻)」とパワーダウンを感じるターンもあるが
ちゃんと面白くなるターンがあるので、読み続けてみてーや

ちなみに好きなキャラは?
(n‘∀‘)「ダントツでもこっち。あと作者の二人組」
ヲレはきーちゃんとヤンキー。
nice!(2)  コメント(4) 

ダンジョン飯 [オススメなマンガ]


548233.jpg


エンターブレイン製。
2018年6月現在、6巻まで出ていて、まだ続いてる続巻
他所で「読んでみたい」とのたまったら、 ツァイツェ が貸してくれた

願いを書き込むだけで叶うとは魔法のブログだなココ!!!(断じて違う)
ともあれd(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д゚)b


えーっと、内容はとりあえず、死の軽さ(生き返らせられる)から、ゲーム世界のダンジョンRPGと理解してた方が良い(wizが近いけど、あそこまで軽くは無い・・・と思う)

ダンジョン深部で敗北の憂き目に遭ったパーティ。
命からがら脱出したものの、財政的な損失もハンパじゃなく、何人かの仲間も離脱。
仲間…というか、主人公の妹の救出(遺体回収)に行くにはまず財政状況の改善から・・・
というわけで、食料をダンジョン内のモンスターで賄うことになったパーティの話

WIZからダンジョンマスターにスライドな感じなのかしら?

とりあえず、その考察や調理法が無駄に凝ってて面白いwww
個人的にはモンスターそのものの調理だけではなく、敵性亜人系の連中の持ってる食料が気になるところ
えーっと、ダークエルフとか?
オーガーとか?


というか、なんだろう・・・この感じ・・・
ゴリ押しされるような気がするんだよな・・・
OOO大賞とかで
いや、面白いから良いケドさ・・・(このコメント投下は2015年。2016年にのマンガ大賞で男部門で、ものの見事に的中しましたw)


記事用に追記
(n‘∀‘)「・・・とても面白いンゴ」
を、そお?
(n‘∀‘)「正統派ファンタジー世界のマンガって、10年前はあまり見たことないンゴ」
そうか?
90年代はかなり出てたぞ。
(n‘∀‘)「いや、わい、その頃はうんこしっこ言って爆笑してたで(※嫁とは歳の差婚どす)」
(ヽ´ω`)・・・(ジェネレーションギャップで凹む)
(n‘∀‘)「興味あるなぁ。どんなん出てたの?」
えーっとね、ソーサリアンシリーズでしょ、グランディークでしょ、スレイヤーズでしょ、・・・まぁ、ゲームとかラノベの漫画化かな・・・
(n‘∀‘)「(* ̄- ̄)ふ~ん。何一つ知らん。」
あ、オリジナルでオススメのあるあるぜ、【秘境探検ファム&イーリー】だ!
ホレ(゚Д゚)ノ⌒[1巻]
(n‘∀‘)「1巻だけ?」
うm、二巻発売を待ってもう四半世紀近い・・・(遠い目)
(n‘∀‘)「[1巻]⌒Y⌒ ヾ( ´_ゝ`) イラネ」
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
nice!(3)  コメント(6) 

国民クイズ [オススメなマンガ]


quiz.jpg

単行本は講談社全四巻、愛蔵版は太田出版全二巻
「民主主義はもういらない、あなたのための全体主義」
という、凄いキャッチフレーズの国主催のクイズ番組が舞台のマンガ。
規定得点をクイズで勝ち得た正解者の望みは、国が全力を持って叶えてあげる(規定点数に満たなかったら強制収容所行き)

結果。
日本は事実上世界最強国家に(過程は本作にて)。
某合衆国大統領はTVで日本国民に土下座。
パリからエッフェル塔を接収して東京に。
行方不明の飼い犬は飼い主の下に…。
と、本当に何でもアリ。
結果(たとえ殺人でも)を大画面で公開する鬼畜っぷり。
その一方、みんなをあおる主人公にして番組の司会者、K井K一もまた国民クイズに敗れて、強制収容所代わりに番組の司会者をしている…という内容。
内容がちょいとアレだったのか、4巻でお終い(愛蔵2巻がでてたハズ)。
しかし、このパワーは必見だっ!!!!

特に人間のOOがXXに敗北するというオチとかな!!
nice!(2)  コメント(3) 

乙嫁語り [オススメなマンガ]

big_1271.jpg
ビームコミックス
いやこの人の書き込み加減は凄い・・・
エマの1巻2巻はむしろ「うわ何このスカスカの絵」と思ったもんですけど。
本人も巻末に書いてるとおり、
清々しいまでに全部ぶち込んである、あした死んでも悔いのないキャラ作りをする人です。

エマはまだ拙い部分も見えましたが、最後の方の素晴らしさを見ると、そこで止まらなくてよかったと思えます。
そんな方の新作(ってもう3巻出てますが)なので、ぜひぜひ。
アミルの瞳に吸い込まれてみてください。

by おかのん


オネショタスキーなヲレにはご褒美みたいな漫画(エロくありません)
二十歳なのにオバハン呼ばわりされるアミルかわいい!
(n‘∀‘)「双子かわいい!」
…|д゚)チラッ
(n‘∀‘)「(/ω・\)チラッ」
猫に似てる子連れ未亡人シーリーンかわいい!
(n‘∀‘)「コミュ障パリヤがこの上なくかわいい!」
(・д・)チッ
(n‘∀‘)「(・д・)チッ」

…とまぁ、色んな嫁が出てきます。
色んな文化があるんだなと感心します。

年に二冊は刊行してほしいなーとか思います。

おかのん も言っているように、手描きの極地的な美術の美しさもあるので、手に取る機会あればとりあえずどうぞ。
nice!(1)  コメント(1) 

30歳の保健体育 [オススメなマンガ]

504002509.jpg

一迅社。
全二巻

エロ漫画家で好みだった井ノ本リカ子(今のはイカン。『女の子ちゃんねる』あたりが切なくて良かった)が、ちょっと話題になった本をコミカライズした漫画。

30くらいの童貞フリーター(♂)の視点で、バイト先のJDとお付き合いして、男女間の恋愛観・価値観の差を学んでいく的な作品。

ともすると「自然に身につく」の一言で、先達達ににスルーされ、幾多の喧嘩とトラウマと黒歴史の末にたどり着く結論をソフトながら解説されてる。

っつーか、コレさー30である必要ないだろ。
18歳で見ろよ。
夢壊さない程度のソフトさなんだからさー

(n‘∀‘)(←※あまりここでは出ませんが嫁です)「じゃーぽむちゃん、30歳に教えるべき保健体育って?」
…年齢で言うと男性40の壁だろ?
女性は28・30・35の壁だろ?
年収だと
男性300・400・500の壁だろ?
女性がなぜか不問とされる理不尽さを、男は器の大きさ(笑)で受け止める度量だろ?
(n‘∀‘)「・・・・」
あと、片親家庭の地雷率の高さだろ?
バツイチなんかもー…深くは触れないが、「離婚は夫婦双方が同意しないと成立しない」という事実を理解すべき。
不妊治療は夫婦そろってやると、保険利かないからスゲークソ高くなるので、宗教上の理由でなければ、どっちも高齢で子作りとか夢見(ry
その点も含めて、色々な妥協点を常日頃から

(n‘∀‘)「ちょっと、なんかえぐいんですど!!!!付き合い方っていうより、結婚話なんですけど!」
だから30だろ。
てめぇいつまで所帯持たずにいるつもりだ?

っつか30でも遅いわっつか、25歳で習熟させんと、結婚のハードルを上げまくったjapに未来は無いわ!



とまぁ吠えたけど同社から他作者の漫画版もいくつか出てるっぽい。
そっちは見てないが、色々と知っておくのは良い事でない?

個人的な欲を言うと、女の子視点の奴も欲しかった。
nice!(1)  コメント(6) 

孤独のグルメ [オススメなマンガ]

61.jpg

扶桑社。
現在二巻…(続巻すると信じたいけど、変わりすぎるのも嫌やっさー)

ドラマ版は知らん。
サラリーマン…じゃないね。
貿易商なんだから。
働く男、下戸で食が太い井之頭五郎さんの一人飯話。
一話完結で読みやすい。

写実的な描写に、食事の素直な感想が印象深い。
2巻しか出てないのに何度も繰り返し読めてしまうスルメのような傑作。

個人の(ほとんど内心)感想だから、好みじゃなかったりするとそれなりの良くない感想が出てくるのが飾らなくて本当に良い。


20年振りくらいに2巻が出て超喜んだが、3巻を待っていた矢先
作画の谷口ジローが逝去


ニュースを見て「ををい・・・」
と天を仰いだ。
水木しげるだって「あーあ…」程度だったのに;

2巻は五郎がかなり駄洒落キャラになってたが、まぁ…20年近くもすればキャラ崩壊もするだろう;
緻密な背景描写も写真を取り込んだモノに変わっているのはまぁ時代の流れが。

それでも二巻も面白い。
高校時代にちょっと読む機会(確か連載中の雑誌で)があって、コレを面白いと感じた時に「ああ、大人になった気がする」と思った記憶がある。

まぁしかし何者なんだろな五郎さん
nice!(1)  コメント(4) 

シグルイ [オススメなマンガ]

shigurui1-1.jpg


単行本版全15巻
文庫版全7巻

濃い…
そして熱い…
濃さに負けなければ
読みながら血がたぎる作品。


南條範夫の時代小説『駿河城御前試合』の第一話「無明逆流れ」が原作なんだが、原作をビックリするくらい引き延ばした漫画。

第三代将軍の跡目に争いに負けた(勝者は無論家光)徳川忠長が、腹いせに真剣試合を居城・駿河城で行うことにして、各地の手練れと因縁のある剣士達を呼び寄せる。
その第一試合は盲目の剣士・伊良子清玄と片腕の剣士・藤木源之助。
って、なんで人名一発変換なのよ・・・入力した事ないのに…


試合開始後、その両者の因縁を7年遡って描き、一巻から試合を始め、そして最終巻で決着をつける。
つまり、一巻は盛大なネタバレとなる。

描く七年間は伊良子も藤木も何度も死地に陥るが、必ず駿河城の御前試合に立つ運命。

結果はわかり切った過程なんだが。
もーどうにも濃くて熱い。
そして熱くて濃ゆい。
その濃さと熱さが本当にたまらん。

そらーネットでもさんざんネタにされますわい。
絵の濃さに負けずに読破の暁には、必ず何かが心に残る作品(その「何か」の内容については…まぁ…触れんでおくか)

勢いつられて原作も読破してもたヲレ。
原作に比べれば、設定も登場人物の性格も、色々変わってます。
そして漫画では描かれなかったその後は…漫画の藤木はその後をたどるのか?コレ。
そういう意味でも二度三度と楽しめる。


より原作に近く、森秀樹による同作品漫画化がある。
コチラはかなり頑張って原作を描き切っている。

コチラもおすすめです。
ともあれ、
さぁレッツ
ぬふう



nice!(1)  コメント(1) 
前の10件 | -